ペルーで人生の春休み

首都リマでの移住生活を通してペルー観光に役立つ情報を紹介。

実は、ペルーの首都リマでサーフィンできます。

リマの海はキレイな青色でもなく白い白浜があるわけでもなく、暗い色の海水でごろごろ石が広がっています。そのため、ビーチでわいわい楽しく泳ぐというよりかは、サーフィンが有名です。

小学生の頃はプールの授業を見学・プールの授業がない中高に進学・占いで水難の相と診断と根っからの水嫌いですが、ちょっとサーフィンを見学してきました。何か所かサーフィンスポットがあるみたいですが、今回は私が行ったところについて紹介します。

憧れのミラフローレスでサーフィン

場所は、リマのキラキラエリアのミラフローレスです。キラキラしすぎて気後れします。海岸沿いに緑の多い公園や海が眺められる高層・高級マンションが広がります。日曜の朝に行ったのですが、朝からランニング・ウォーキングしたり、健康意識の高い人が多いです。

ミラフローレスにはサーフィンを楽しむ人が多いので、サーフボードを持った人が歩いていたり、水着で歩いている人もいたり、普段砂漠のリマで生活している私としては驚きの光景です。

下の写真は海から公園を見たものです。リマの海岸沿いは断崖絶壁のようになっています。他の海の事あまり詳しくないですが、こんな感じの海岸沿いは珍しくありませんか?

と、言うことで海に行くには崖を下らないといけません。車で行こうと思うとグルーっと回らないといけないのでお勧めしません。公園にある階段で降ります。私が降りたのは、イツアクラビン公園(Parque Iitzhak Rabin)です。

さて、かなり急な階段を降りると、目の前に海が広がります。8時半ごろに行きましたが、すでにサーフィンしている人がちらほら。

私たちは「PERU SURF. SURF SCHOOL」と書かれている青いテントでウェットスーツ・ボード・マリンシューズを借りました。計40ソル(約1200円)です。着替える場所はないので、水着は着て行った方が良いですね。後はタオルと日焼け止めさえ持っていったら、すぐに簡単にサーフィン始められます!SCHOOLと書いてあるので、頼めば教えてもらえると思います。ただ、私たちは頼んでないので詳細はわかりません。

と言うことで、後はひたすらサーフィンを楽しむ友人を見守っていました。

こんな感じでごろごろ石なので座るにはお尻が痛かったです。彼らはなぜあんなに座っていられるのか、、、すごい。ちなみに、靴もビーチサンダルだと、足つぼが刺激されて歩くのがつらかったです。

2時間くらいの滞在でしたが、概ね曇っていて、ちょっとだけリマの曇り空に感謝しました。

最後に、特にシャワールームとかもないので、濡れたまま帰ることになります。

久しぶりに海を見るとやっぱり気持ちよかったです。リマは、砂漠もあれば海もある。ずっと曇り空で気が滅入る時もあるけど、外で活動する時にはありがたい。治安の悪い地域もあればキラキラ地域もある。ほんとリマは1つの街で色々な顔を持っています。