ペルーで人生の春休み

首都リマでの移住生活を通してペルー観光に役立つ情報を紹介。

ペルーのお得な日替わり定食

ペルーのレストランにも日替わり定食があります。お得です。日本人が行きそうなリマのレストランだと、15~20ソル(約450~600円)です。日本食レストランで1品頼むと30ソル前後します。

平日ランチのみのレストランが多いですが、レストランによってはディナーや土日もあるようです。

日替わり定食はメヌー(menu)といいます。メニューと同じ発音なので、「メニューが見たい」と「メヌーが欲しい」をはっきり意思表示する必要があります。日替わりのため、メニューには記載されておらず、お店の前に手書きの看板で書いてあるところが多いです。ペルー人は、直接お店の人に内容確認している人が多いです。

メヌーは前菜とメインの2部構成となっています。お店によっては、デザートもついてきます。前菜を食べ終わった頃にメインが運ばれてくるので、お昼からちょっとした贅沢気分です。

①前菜(entrada:エントラダ)

entradaは直訳すると「玄関」という意味になります。初め、「なんでメニューに玄関??」と意味がわからなかったですが、前菜のことです。

サラダ・スープ・ペルー風ポテトサラダが多いです。ペルーでスープを頼むと基本的に麺かお米が入ってくるので、日本でイメージするスープとはちょっと異なります。

②メイン(segundo:セグンド)

上の写真ではfondoになっていますが、私が馴染みあるのはセグンドという呼び方です。メヌーに記載されているのは基本的に肉の種類や調理方法です。鶏肉の叩き焼き、野菜炒め、唐揚げ等…。細かい料理名はガイドブック参照してください。

確実と言っていいほど、お米とフライドポテトは一緒についてきますので、お米を別で注文する必要はありません。

飲み物

以前、紹介しましたが、基本メヌーには飲み物が付いてきます。

www.brillantez.space

ポイント

前菜とメインを頼むととても食べきれる量では出てきません。多いです。そのため、

  1. 「segundo solo」と言って、メインだけにする。また、「entrada solo」にして前菜だけにもできます。この場合は、安くなります。
  2. 「para llevar (パラジェバール)」と言って、食べ残した分をお持ち帰りにする。ペルー人でも、お持ち帰りを見越して頼んでいる人がいます。フライドポテトは手を付けないとか…。

ペルー版日替わり定食メヌーの例

美しい写真ではないですが、私の職場のメヌーを紹介します。私はいつも食堂の人に量を少なめに盛ってもらっていますが、本来は2倍くらいの量です。

以上、ペルーにお越しの際はメヌーを頼んでお得にペルー料理を食べましょう!